HOME  > ピロリ菌検査  > ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは?

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)とは?

胃の中に住み着いているらせんの形をした細菌のことです。
ヘリコバクターの「ヘリコ」は、らせん形(ヘリコイド)から命名されており、ヘリコプターの「ヘリコ」と意味は同じです。
これまで、胃の中は強い酸性のため細菌は住めないと信じられていましたが、1982年にオーストラリアのワレンとマーシャルという二人の医師が、胃炎患者の胃粘膜からの培養に成功し、ピロリ菌が胃の中にいることを報告しました。
胃には、強い酸(胃酸)があるため、通常の菌は生息できませんが、ピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素をもっており、この酵素を利用してピロリ菌の周辺をアルカリ性の環境にすることができるので、胃酸を中和することによって身を守っています。
胃、十二指腸潰瘍の原因は、胃液の酸(攻撃因子)と胃の粘膜の粘液、血液の流れなど(防御因子)とのバランスが崩れてしまうからだと考えられてきましたが、このピロリ菌が発見され、研究が進むにつれ、むしろこの細菌が胃、十二指腸潰瘍の発生、再発に関与する因子として重要であるということが分かってきました。
欧米では、早くからこのピロリ菌を排除する治療法(除菌療法)が認められていましたが、わが国ではようやく平成12年から健康保険での治療が認められるようになりました。

ピロリ菌の感染経路

感染経路はまだはっきりとわかっていませんが、口を介した感染(経口感染)と考えられています。 日本人は四十歳以上では約80%がピロリ菌に感染していますが若い人の感染率は低く、上下水道が十分普及していなかった世代の感染率が高くなっています。

ピロリ菌による病気

ピロリ菌に感染すると、胃に炎症を起こすことが確認されていますが、ほとんどの人は症状を自覚しません。
ピロリ菌の感染による炎症が続くと、感染部位が広かってヘリコバクター・ピロリ感染胃炎になり、長い期間炎症が続くと、胃粘膜の胃酸などを分泌する組織が消失した状態(萎縮性胃炎゛)になります。
さらに進むと、胃粘膜は腸の粘膜のようになります。
その後、一部の患者さんでは、胃がんになることも報告されています。
日本人のピロリ菌感染者の数は約3,500万人といわれていますが、ピロリ菌が原因で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている人は、そのうちのごくわずかです。
しかし、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんは、ピロリ菌に感染していることが多く、潰瘍の発症ならびに再発に関係していることがわかっています。
胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんのピロリ菌感染率は約90%と報告されています。

ピロリ菌の除菌

日本ヘリコバクター学会のガイドラインでは、ピロリ菌に関連する疾患の治療および予防のため、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧められています。
除菌療法の対象となる人は、ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、胃潰瘍または十二指腸潰瘍、胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃がんに対する内視鏡的治療後胃の患者さんで、ピロリ菌に感染している人です。
あなたが上記に該当しても、除菌療法が必要かどうかは主治医とよく相談してください。

「ピロリ菌、除菌療法を受ける患者さんのためのQ&A」
武田薬品工業株式会社
監修:北海道大学大学院医学研究科 がん予防内科学講座
特任教授 浅香正博

診療カレンダー

Calendar Loading
  • …休診
  • …午後休診
  • …午前休診
  • …診療時間変更
Copyright © 三好ヶ丘メディカルクリニック All Rights Reserved.