HOME  > 当院のご案内  > 消化内器科

消化内器科

内視鏡検査

胃や大腸に内視鏡を挿入して直接内部を観察し、病気の有無を調べる検査です。
直接目で見ることができるため、初期のがんを発見することも可能です。
当院では上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査を実施しております。
直径わずか5.9mmの経鼻内視鏡(FTS社製)を使用しております。
検査には、バリウムを用いる透視検査(胃透視)もあります。
当クリニックでは、患者様の症状や要望に応じて検査方法を選択しておりますが、胃の検査には、より正確な診断の為に内視鏡検査をお勧めします。

鼻から胃カメラ検査
①午前8:10~、②(午前外来終了後)~

※電話予約できません。前もって診察が必要です。

内視鏡検査

内視鏡検査には現在二つの手法があります。

経鼻内視鏡検査

これまでの内視鏡検査は胃カメラを口から飲み込んでいましたが、経鼻内視鏡は、鼻の穴から細い内視鏡を入れる検査です。

一般内視鏡検査

従来の内視鏡も患者さんの状態により使用します。
技術の進歩でより細く柔らかいスコープが開発されています。
当院では、胃・十二指腸潰瘍の発生、再発に大きく関与するピロリ菌の検査と除菌治療をおこなっています。

胃透視(レントゲン)検査

白いどろどろしたバリウムを飲み込み、検査台で体を上下左右に動かすことで、胃の観察をする検査です。
バリウムがポリープや胃がんをはじくことを利用して胃の形や影などをX線を利用して写し出します。
「胃の検診」というとこのバリウム検査を思い出す方も多いのではないでしょうか。
内視鏡検査は専門的な技術と経験が必要のため検査が出来る医療機関は限られますが、胃透視は多くの医療機関で検査を受けることが出来ます。
また、胃透視は胃カメラの検査と違い全体像が把握しやすいのが特徴です。

胃透視検査(みよし市胃がん検診)午前8:10~

胃透視(レントゲン)検査

※みよし市 胃がん検診対象者のみ、胃透視検査行なっております。

※一般外来(保険診療、その他)の胃検査については、経鼻内視鏡検査を行なっております。
[胃透視検査は行なっておりません]

腹部レントゲン

おなかにX線を照射して、疾患・病変を発見するために行われるレントゲン検査の一種です。
おなかの痛みが主訴で検査をします。
腸閉塞、消化管穿孔、腎結石、尿路結石などの状態を調べる為に用いられます。
検査に苦痛や辛さはありません。

腹部レントゲン

腹部レントゲン検査

肛門からバリウムを入れて検査する「大腸レントゲン検査」とは違いますので苦痛はありません。
検査目的によって立った状態と仰向けに寝た状態で撮影します。
「息を吸って、吐いて、止めて下さい」という胸のレントゲンの時とは違う合図をします。
息を吐くことにより肝臓や腎臓などが観察しやすくなるためです。

腹部レントゲン検査の費用

初診3割負担の場合 1,710円

診療カレンダー

Calendar Loading
  • …休診
  • …午後休診
  • …午前休診
  • …診療時間変更
Copyright © 三好ヶ丘メディカルクリニック All Rights Reserved.